協永建設では現在、パートナーとして協力していただける設計事務所・企業を募集しております。
建物の地震に対する安全性は、新築時の設計や築年数だけではなくメンテナンスの頻度や劣化状況により建物ごとに異なる為、まずは耐震調査・診断を受けることをお勧めいたします。
耐震調査・診断
専門家による調査・診断を行い、個々の建物に最適な補強工法をご提案いたします。
耐震補強工事の流れ
耐震ブレース増設
開口部に新たな壁をつくることなく強度を持たせるために、「鉄骨ブレース」を増強する耐震工法です。
柱の補強
柱に強度の高い炭素繊維シートを巻き付けることにより、建物の粘り強さを増加させる方法です。
スリット新設
建築物の柱のせん断破壊を防止するためにコンクリート壁の中に「スリット」を埋設して、柱と壁の縁を切る耐震工法です。